【ボードゲーム紹介】ドナルドトランプ ザ・ゲーム- TRUMP THE GAME –

<概要>
プレイ人数:3〜4人
プレイ時間:45分程度
ルール難易度:★★☆
PLAY MARKET|プレイマーケット取り扱い:あり

<内容物参考>
トランプカード:様々な効果あり
トランプマネー:最低1,000万ドル=10億円から笑
サイコロ:パート1で使います。
駒:パート1で使います。
投資先商品のカード/ボックス。

<ルール>
ゲーム構成がパート1とパート2に分かれています。

・パート1
目的:建物を買う、トランプカードを集める、お金を稼ぐこと。
基本は手番の最初にトランプカードを引く、
そのあとサイコロを振り、とまったマスに書いてある指示に従うのみ。
マスにはカードを受け取ったり、投資商品の競売をさせたり、させられたりといった指示が書いてあります。
ちなみにサイコロの6の代わりにTと書いてあり、Tが出ると指定のプレイヤーのカードを1枚即時に強奪。
数字が出るまで振り直して良いルールです。ジャイアン的なトランプらしい仕様・・・

投資商品のマスに止まると銀行から10億円がその投資商品に積まれる。
なので最終的により金の価値のある投資商品を持っているかが鍵。
値上がりしないと見て売ってしまうということも。

ー競売ー
マスやカードの指示で競売が始まると
初値を決める→競り※外部投資家のカードが出れば誰かが降りるまで続く。→競り落とし
という流れです。
カードを使って強制退場させて初値段を下げるなどいやらしいことも可能。

ボード上のすべての投資商品がなくなったらパート2に移ります。

・パート2
目的:交渉をしてお金を荒稼ぎ。
パート1で集めたカード、投資商品を使って交渉!交渉!交渉!
手番がきたらカードを使うか交渉かパスができます。
全員がもうこれ以上何もしなくていいや・・・
となったら終了!パート2こそトランプの真骨頂か。

<プレイ感>
追記しますのでお待ちを〜

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 1 =