【ボードゲーム紹介】ファブフィブ – FABFIB –

<概要>
プレイ人数:3〜10人
プレイ時間:20〜30分程度
ルール難易度:★☆☆
PLAY MARKET|プレイマーケット取り扱い:あり

<ルール>
親は山札から数字の書かれた3枚のカードを引き、
高い数字順に3桁の数字を宣言。
例えば153のカードを持っていたら531というか、642と適当なことを言っても構いません。
※必ず大きな数字から宣言します。
左隣のプレイヤーは
①宣言された数字をダウトする
または
②そのまま3枚のカードを受け取る
ということを繰り返すゲームです。
受け取ったプレイヤーは好きな枚数だけ数字を入れ替えても構いませんが、すでに宣言された数値よりも大きな数を言わなければなりません。
嘘を見破られたり、正解をいい当てられないと得点を失い、ポイントが0になるとゲームから脱落。
最後まで残ったプレイヤーの勝ちです。

<プレイ感>
ゴキブリポーカーやコヨーテのようなプレイ感覚に近いです。
ブラフ系(嘘をつく)ゲームのエントリー作品としてオススメです。
デザインはコヨーテのデザインも担当しているTANSANFABRIKさん。
可愛いイラストなのにいやらしいゲーム、さすがですね〜。

<ルール動画>

 

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × two =